保険相談をしたい最高のFP

Posted on

今、まさに激動の時代にあって、目に見えない大きな時代の流れの変化が洪水のように押し寄せてきています。このような時代には、経済的にも、精神的にも、社会的にも、自分で自分の身を守5なくてはなりません。ま?は経済的に私たちのできることを考えてみましょう。それは年収分の預貯金を蓄えること。

そして、できる限り安い掛金で保障内容の充実した保険や共済制度を大いに利用することです。そうすれば、家計の出費を減5すことができますか5、その分、貯蓄に回せるでしょう。さ51こは支出についても賢い消費者になるととが求め5れます。

賢い消費者になるためには、あふれんばかりの情報を取捨選択する目を養わねばなりません。情報を得るツールも増えてきました。とこにきて感じる大きな変化は、インターネットの普及でしょう。

今まではマスメディアを通じて、名の通ったブ.ランドが信頼される商品とされてきましたが、テレビ‘コマーシャルなどでの露出回数が多い商品には膨大な宣伝広告費が支払われているととも、一般消費者にはわかってきました。

その費用は当然消費者が購入する商品代金に入っているわけですか5…。その最たる商品が生命保険商品であろうと考え5れます。大手保険会社が全国告地の一等地にビルや事務所を持ち、多数の社員を使い、さ51こ有名人を起用してコマーシャルをたくさん流している費用を考えると、めまいがするほどです。それな51d:、本社機能を集中し、従業員も100名程度。

コマーシャルもしない代わりに、それだけ安い掛金で必要な保障を得ることができる仕組みの保障制度に加入したほうがよほど賢い方法といえるでしょう。また今までの保険会社が倒産した理由は、顧客から集金した掛金で土地や株、国債などの運用を失敗したか5です。

今後は預かった掛金を運用する必要のない保険会社、あるいは必要以上に運用利益を追求しない、堅実な運営方法を維持していく保険会社に加入するのが安心です。お金がすべてではありませんが、やはりお金は生活者にとって要の存在です。

生きている今、経済的に安定すれば、家族の鮮を強める時聞を持つことも可能ですし、自分の人生に対してさまざまな挑戦をしていくことも可能でしょう。

生き方にもさまざまな選択肢がある中で、生活者の一人一人の方が、ご家族の方と一緒に幸せになることを願い、本書を書きあげました。一人でも多くの方が賢い保険ユーザーになることを願ってやみません。

ほけんの窓口で保険相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>